私が教室を開く前、小5の時から家庭教師で英語を教えてきた生徒とのスカイプ画面👱‍♀️


小学生のうちはボキャブラリーを増やしながら、フォニックス中心のレッスンをやってきました。

ディズニーの歌を丸々一曲歌えるようにしたり、英語のカードゲームをしたりいろんなのを試しました

中学に上がってからも可能な限り続けたいと言ってくれて😍、Skypeにレッスンの場を移して続けています。

いつも最初はあいさつなどのルーティンの会話を。今までは私が一方的に質問する側でしたが、少しずつ疑問形のアウトプットの練習もしています。

今日は…
もうすぐレッスン始めて2年経つね~っていうので

Unbelievable!となり

接頭辞とか接尾辞とかなんとかかんとか英語を学ぶ上ではとっても使える知識も流れでぶっ込んでいきます。

現在中1の彼女ですが、今学校や塾でやっている英語の内容は文法を除けば語彙レベルがちょっと簡単すぎてしまうので、学校ではなかなか時間を割いて触れられない部分(フォニックス、文型、発音など)をレッスンの中に取り入れるようにしています。

もちろん隔週1回のレッスンでは、教える方も学ぶ方もスローペースではありますが、中学英語の進捗を確認しながら繰り返し「この前やったアレ、覚えてる?」と実際にタイピングしたり話したり毎回楽しく楽しくやらせてもらっています。

現在はSkypeレッスンのお申込を受付けてはいませんが、子どもたちに英語を好きになってもらうことに情熱を注いで日々レッスンを行っています。

そう‼️要は好きこそ物の上手なれ

楽しい❗️好き💜の気持ちを芽生えさせる事。
これに尽きます👍


そして、英語非ネイティブの私が最も得意とするところでもあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です